イギリスの保育士資格はどうしたら取れる?


渡英して保育士の資格を取るのが普通ですが、そうなるとかなりの英語の語学力とビザ取得までの面倒な手続きを一人でこなして行かなくてはならないので、かなり心細い状態です。

 

しかし最近では、日本国内でモニターとしてイギリス政府教育省指定のカレッジや講座などの指定保育士養成施設へ進学し、資格取得に必要なユニット(科目)を履修し、その課程を修了することで保育士資格が取得ができるという制度をテスト的に試行している講座もあるようですが、未だに本格的に運営はされてはいない様です。

 

日本での「イギリスの保育士資格取得コース」を本格的に始めました。

当グローバルチャイルドケアは、英国の資格監査機関Ofqualが認可するNCFE CACHE(資格授与機関)よって認められた正規の保育士養成センターです。

 

2016年、NCFE CACHEより正式に認められ保育士養成センターをイギリスで開校しました。

 

更にグローバルマインドが備わった保育教育者の活躍を心より願がって、NCFE CACHEのインターナショナル部門として日本でのイギリス保育士資格コースを本格的に開始しました。

イギリスの保育士資格取得の概要 

保育士資格のカリキュラムはレベル2・3に分かれます。両コースに共通して、自宅に居ながらにしてあなた自身のスピードで学習することができる通信講座です。NCFE  CACHEが英国の国家資格水準に合わせて考案したテキストブックの日本語版に基づいて、資格取得に必須なユニット(科目)を履修していきます。

 

所定の単位を全て取る事で資格が取得できます。

 

クラス開校から卒業まで、CACHE公認の日本人識者に因る懇切丁寧な指導とケアを受けることができるのでとても安心。個人個人の要望に最適な指導と基準を満たすための最適な助言を受けることができます。 

 

また、資格取得に必要不可欠な保育実習は、ロンドン近郊にあるグローバルチャイルドケア(GCC)のナーサリーで行われ、フレンドリーなネイティブのスタッフにサポートされて、イギリス式保育を直に身をもって感じていただけます。


  1. 16歳以上で、保育士資格や実務経験のない方
  2. 取得後、レベル2保育士としてイギリスの保育施設で保育アシスタントとして働けるようになる。
  3. その上のレベル3保育士資格コースに進む事ができる。
  1. 16歳以上で、すでに資格のある方(保育士・幼稚園教諭・レベル2)
  2. 取得後、保育士としてイギリスの保育施設で働けるようになる。
  3. プラスアルファのスキルとして日本での就職でも有利。